尾道水道からの風景

尾道三山と対岸の島に囲まれた尾道は、町の中心を通る「海の川」とも言うべき尾道水道の恵みによって、中世の開港以来、瀬戸内随一の良港として繁栄し、人・もの・財が集積した。

その結果、尾道三山と尾道水道の間の限られた生活空間に多くの寺社や庭園、住宅が造られ、それらを結ぶ入り組んだ路地・坂道とともに中世から近代の趣を今に残す箱庭的都市が生み出された。

迷路に迷い込んだかのような路地や、坂道を抜けた先に突如として広がる風景は、限られた空間ながら実に様々な顔を見せ、今も昔も多くの人を惹きつけてやまない。

近世尾道文化財巡り
艮神社
慈観寺本堂
御袖天満宮
常称寺鐘撞堂
浄泉寺
正念寺
海龍寺本堂
八坂神社
熊野神社
千光寺公園からの展望
浄土寺山からの展望
鳴滝山からの展望
尾道水道からの風景