常称寺

延慶2年(1309)、時宗第2世の他阿真教が諸国巡錫中、尾道にとどまり念仏弘通に勤めている際、
霊夢を感じその地に生えていた榧(かや)の大木をもって一堂を建立したので榧堂と言われていたそうです。
その後、焼失と再建を重ね、現在では山門と本堂の間に鉄道と国道が走り、山門は民家の中に残されています。
また2007年には本堂や山門などが国の重要文化財に指定されました。

所在地/尾道市西久保町8-3

日本遺産構成文化財
浄土寺
Jodoji Temple
西郷寺
Saigoji Temple
常称寺
Joshoji Temple
天寧寺
Tenneiji Temple
旧福井邸(文学記念室)
Former Fukui Residence (Memorial Hall of Literature)
旧尾道銀行本店(おのみち歴史博物館)
Former Onomichi Chamber of Commerce (Onomichi Chamber of Commerce Memorial Hall)
旧尾道商業会議所(尾道商業会議所記念館)
Former Onomichi Bank Head Office(Memorial Hall of Literature)
爽籟軒庭園
Soraiken Garden