News

第41回文化遺産パートナー養成講座の開催

2021.08.11

第41回文化遺産パートナー養成講座を開催します。今年度も昨年度に引き続き、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、ちゅピCOMおのみち(旧尾道ケーブルテレビ)での映像配信形式に変更いたします。添付のチラシをご確認ください。

チラシ

日本遺産「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」の構成文化財の追加について

2021.07.17

このたび、文化庁の日本遺産審査・評価委員会における審査を経て、令和3年度日本遺産認定内容の変更について認められました。

尾道市からは、平成27年度日本遺産認定の「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」の認定内容について、別紙一覧表のとおり構成文化財2件を追加されることとなりました。

 

平成27年度日本遺産認定「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」

・構成文化財の追加2件

⑳旧三井住友銀行尾道支店(尾道市重要文化財)

尾道水道沿いの住友家と港町尾道をつなぐゆかりの地に建つ銀行。商都尾道の面影を残す建物で、近代の繁栄を物語っている。

旧三井住友銀行外観

 

㉑尾道遺跡及び出土遺物(未指定)

中世~現代までの箱庭的都市尾道の歴史が重層する港湾都市遺跡。建物跡や護岸設備、寺院跡が確認され、陶磁器や木簡など多彩な遺物が出土している。

尾道遺跡から出土した中世の護岸 白磁印花双鳥文碗 漆椀日本遺産デジタルアーカイブ